ありあまる日常

何も感じていないようで、ありあまるほど感じていることがある日常を紹介

話さないことから始まる恐怖

私はいつもひとりだった。

ひとりが楽なんだと言い聞かせ、

周りのグループをいつも煙たそうに見ていた。

学校でも仕事でも言葉を発さない。

最小限の言葉で相手に思いを伝える。

 

ほら、たまにいるでしょ。

自分はこういう人間なんだ、って言って無理やり話しかけてくるやつ。

本当に鬱陶しい。自分はこれこれ好きなんだ、君はどう?って。知らねぇよ。

そんな話、私は全く興味がない。

怪訝な顔、話したくない、そんなオーラを出して追い返す。

 

でもそいつは私がどんなに追い返しても毎日声をかけてくる。

「今日は天気良いね」

「このニュース見た?やばいよね」

「見てこの靴。新しく買ったんだ」

何が楽しくて毎日毎日私に話しかけるんだろうか。

面白い?誰とも話さない私を見てかわいそうなんて思っているのなら、

今すぐやめてほしい。

私はそんな風に思われたいがために話さないわけではない。

 

ひとりで生きられる。

そう思っているから話さないのだ。

 

 

でも時折

「私は何のために生きているのだろうか」

「なぜ生まれてきたのだろうか」

そんな思いが私の心に顔をのぞかせる。

 

人とも話さない。

人に興味がない。

 

 

 

 

 

そんなこと言いがかりだ。

本当は興味がある。

あの人の服装かわいいな、どこで買ったんだろう。

あ、あの男の子今日も電車に乗ってる。

あの人面白いな、もっと近くで話聞いてたいな。

 

 

本当は怖いんだ。

話しかけて

怪訝な顔されるんだろうか。

嫌われるんじゃないだろうか。

愛想笑いされて終わるんじゃないだろうか。

変な空気にしたら嫌だな。

 

怖いから言葉を発さない。

そんな自分を演じている。

 

でもいつか。

そんなことを考えながら30年。

 

私は今日もいつもの一日を終える。

何も持っていない

いつも自分は何も持っていないと感じる。

 

誰かには夢が。

誰かには思いが。

自分にはいつも何もないと思ってしまう。

そしてそういうモノを持っている人とは釣り合わないと。

 

夢を持っていたら、

休日でもそれに向かい勉強するなり、

努力するなり何かしらする。

 

自分はいつも何もしていない。

何かを求めてもすぐに諦めてしまう。

飽き性なのだ。

 

本当にしたいと思っていない。

だから最終的に諦めてしまう。

諦め。なんて安易な言葉だろう。

 

人は皆、

何かを求めて生きているはずなのに。

自分は最終的に何を求めているのだろうか。

 

前回のブログにも書いたが、

自分に言い聞かせている好きなもの。

そんなもの本当に求めているものじゃない。

興味のあるものはある。

でもそれはあくまで興味でしかなく、

求めているものではない方が多い。

でも触れなければ求めているものかどうかは分からない。

 

世界は広いし、

まだまだ自分が知らないことはたくさんある。

それをひとつひとつ知る努力を自分はしているだろうか。

コンプレックスだ、

飽き性だとか言って、

現状を変えることを怖がっている。

面倒臭がっている。

 

今のままでいい。

今が楽だから。

 

そんな人生何が面白いんだろうか。

つくづく面倒な心だ。

楽しそうだと何かを始めるのに、

たくさんのデメリットを考え諦める。

 

そんなこと考えず突っ走れる。

そんな自分になりたい。

 

いや、

なるんだ。

広告を非表示にする

どのように感じたのか

自分の話す内容のほとんどは

体験経験を元にしたものだ。

その体験経験で感じたことを

常話すわけだが、

内容の薄さを感じる。

 

嬉しかった。

楽しかった。

面白かった。

悲しかった。

むかついた。

体験経験から上記の言葉を発す。

小学生じゃないんだから。

 

どのように感じ、

どうだったからそう思ったのか。

 

昔からそうだ。

自分の意見がないと言われる。

どのように…

自分の心に深く聞かなければ。

 

これ面白い。

なぜそう思う?

…だから。と。

 

元々このブログを始めた理由は、

自分の語彙力を高めるため。

また自分の考えを深めるため。

それよりも前に自分が常日頃感じたことを

イムリーになぜと聞かなければ、

自分がどう感じてるかなんて思い出せないでしょ。

 

そうしていけば、

自分の考えがより明確に、

生活の中でより深い意見が出来るようになる。

 

よくよく考えると、

今までそういう風に考えていたのって、

色恋沙汰の話ばっかりだった。

だからそういう話になるとよく口が出て、

いつもは固く閉ざされた口も

流暢に言葉が出てくる。

 

これ楽しー。

…なんでだった?

これ美味しい。

…なんでだった?

自分を問い質せば、

いろいろな答えが見つかるかもしれない。

向いているんだろうな

今まで自分は何が向いているんだろうか。

そうやって自問自答することってよくあって、

その度にでも別に好きでやってるわけじゃないしとか、

あれやこれや理由をつけて、

自分には向いていないと思ってきた仕事がいくつもある。

 

例えば、企画の仕事もそう。

住宅関係の仕事もそう。

なんだかんだ自分に言い聞かせ、

自分が今までやってきた仕事だからと

自分に向いているように、

自分に言い聞かせてきた気がする。

 

でも1つだけ昔から長けてるんじゃないかっておもうことがあって、

それが相談を受けること。

あくまで仕事上の実績なんてないし、

それを仕事にする上で

「こんなことが出来ます」

なんて言えたもんはないんだけど。

 

そう思う理由は、

聞いてきたから。

いろんな人の悩みや相談を受けてきたから。

自分は答えを持ってない時もあるし、

相手が解消されたかどうかは正直不問だけど、

自分自身が聞いてあげられていると思っているからだ。

 

じゃあ自分に向いている仕事っていうのは、

アドバイザーだったりそういう方面なんだろうかと

最近ふと考える。

いやどんな仕事もアドバイザーに繋がるはあるんだろうけど、

より人に関われる仕事がしたい。

そういう意味では住宅アドバイザーや結婚アドバイザー落ちたの失敗だったな。

人の話を親身に聞けるっていう、

人とのコミュニケーション方法を知っているっていう、

そっちの自分を積極的に話すべきだった。

 

じゃあ将来的にそういう仕事をするために、

今できることは何なんだろうか。

まずアドバイザーとは何なのか。

どんなアドバイザーになるか。

どんな知識をつければ、

より人を導くことが出来るのか。

まずはその勉強からだな。

 

…導くっていうのは違うかもな。

俺の答えに導くわけじゃないしな。

あくまでその人の答えを出すのを手伝いたい。

f:id:long_sleeve:20170926165903p:plain

理屈じゃない

どんな考えや理由も飛び越えて

理屈じゃない。なんて

そんなことを考える時がある。

それはどんな感情だろうか。

そこに対する想いを飛び越えて、

行動してしまうことがある。

やりたい。

言いたい。

殴りたい。

タバコ吸いたい。

走りたい。

爆音で音楽聞きたい。

理屈じゃないと言い聞かせ、

その行動に対して考えたくない、

理由を求めたくない、

真実が怖い。

 

怖いから理屈じゃないって、

自分に言い聞かせてるだけなんだろう。

怖い。怖い。怖い。

 

自分の奥底の心に怯え、

毎日過ごしてるから、

充実感をいつまでも感じられないんだろう。

 

誰も信じられず、

嘘はつかないと嘘をつき、

笑顔という仮面を被り、

大丈夫じゃないのに大丈夫なフリをして、

誰かに愛されたがってる。

 

こんな後ろ向きな自分を知ってるからこそ、

どんな時でも前を向ける。

いや、

前を向きたいと思ってる。

前を向く。

広告を非表示にする

なんだろう。

夏っていう季節は好き。

冬に比べるとって感じかもしれないし、

寒いより暑い方がっていう感じかもしれない。

特に大きな理由はないけど、

自分の中で好きなイメージがある。

 

今日は夏祭り、

花火大会の日。

 

今年は夏らしいことを一切していないとか思いながら、

夏は好きだけど、

祭りや花火大会は嫌いだったなと思い起こす。

いい思い出がないというよりか、

そもそも思い出がない。

夏祭りの日、花火大会の日、

ずっと家にいるからだ。

誰かを誘うわけでもなく、

誘われるわけでもなく。

こういう時に自分の人生根暗だなーと思う。

だから、祭りもあまり好きではない。

理由をいつも人混みが嫌いとか嘘をつくが、

そもそもそういったことをしてこなかったから、

どういう風に楽しめがいいのかが分からない。

 

今年もただひたすら時間だけが過ぎていく夏。

広告を非表示にする

そこに理由があるから

仕事でもなんでもそうだけど、

「これ、あれしておいて」

「この内容、あの人にも伝えておいて」

どんな行動・発言にも理由がある。

 

はい。

今回もネガティブな内容です。

 

毎日毎日仕事して、

上に書いてあるようなルーティーンや行動をして。

理由は分かってる。

仕事の根本も分かってる。

自分が恩恵を受けるため。

そこはいいんだけど、

理由に関して疑念というか、

疑問というか、

本当にそうなんだろうかと思ってしまうこの頃。

 

その行動に対する理由は、

自分を言い聞かせるための理由なんじゃないか。

言い聞かせ思い込ませ、

ふと疑問に思う。

でも、その理由の真実を探ろうとするのが怖い。

自分自身の問題だけど、

その真実を知る、

結論が出たとき、

今の自分はいないんじゃないか。

自分以外の誰かを傷つけるんじゃないか。

 

そんなことを考えながら、

せっかくの休日も過ぎていく。