読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありあまる日常

何も感じていないようで、ありあまるほど感じていることがある日常を紹介

捨てたことへの未練

自分に言い聞かせる。

もう捨てたんだ。

未練なんてない。と。

 

迷惑をかけ申し訳ないと思う気持ちも

謝りたいと思う気持ちも

許してもらいたいと思ってるからだ。

自己満足の世界。

相手はそんなことは求めていない。

前を見て歩いてる人に、

後ろを振り返ってもらって、

許しを乞うこの行為は、

もう止めよう。

迷惑はもうかかってるんやから、

謝ったところでしょうがない。

俺はもう捨てたんだから拾うことはできない。

 f:id:long_sleeve:20161202231530j:image

捨てたことで、

動いてくれる人、

動かざるをえなくなった人、

その人たちに感謝しよう。

その人たちのために努力しよう。

そして、捨てなかったものを大切にしよう。